都内でも増加傾向にある家族葬儀

家族葬と密葬の違い

一般的なお葬式よりも小規模なものであるとのイメージを持たれがちな、家族葬、密葬という言葉。確かにそのイメージ通りなのですが、正確な意味をご存知ですか?
社会人として、実際にこれらのスタイルのお葬式に関わる機会もあるかもしれません。葬儀意味を知っておいて損はありませんね。
まず、家族葬とは、一般的なお葬式を、家族などの近親者のみで行う事を言います。

 

つまり、規模は小さくなりますが、お通夜、告別式、火葬と、すべての儀式が執り行われるスタイルの事です。
これに対して密葬とは、そもそも葬儀が行われる事自体を公にせず、ごく近しい人のみで、お通夜から火葬までを済ませてしまう事を言います。

 

大きな会社の社長などが亡くなった場合、葬儀の準備自体に非常に時間がかかる為、まずは身内のみで済ませてしまう、というニュアンスである事が多いです。
この場合、告別式は行われず、1ヶ月後を目処に、近親者以外も参列しての本葬が執り行われます。この時、ご遺体は既に荼毘に付されている為、御遺骨を祭壇に安置して式を進行します。
一見同じ意味の言葉の様ですが、詳しく見てみるときちんとした違いが分かりますね。
大人の常識として、家族葬と密葬の違い、よく覚えておきましょう。

 

お葬式の新しい形、家族葬

最近では時代背景やライフスタイルの変化により、家族葬を行う家が増えています。
家族葬を行う理由としては、葬式の費用についての問題や、身内だけで気兼ねなく葬儀を行いたい、故人に親戚や知人、友人が少ない、故人がこのような葬式の形を望んでいたなどということになります。
家族葬を行うメリットについては、集まる人数が小規模のために一般的な葬儀と比べて比較的に時間に追われることがなく、ゆっくりとした流れで執り行えるということや、社会的な関係者や習俗、宗教上のこの世との別れより先に家族の別れが最優先されるということ、参列者に対する気遣いをしたり、受付や会葬返礼品の準備をする必要がない、参列者が少ないので人数を把握しやすいというようなことがあげられます。

家族葬

逆にデメリットとしては、家族葬ということを知らせていても、いきなり弔問客が訪れてしまうことがあり、その場合対応に追われてしまうということ、親族など周囲の人に理解を得られないことがあるなどといったことがあげられます。
家族葬は家族のみで行われるものであるから、家族以外の人は気にかける必要がない葬儀として解釈されてしまうことが多くありますが、それは葬式の形の種類が違うだけということは認識し、故人と関係がある知らせるべき人がいる場合には礼を逸しないような配慮が必要です。
不義理は避けるということを心がけることが大切でしょう。
家族葬の考え方としては、一般的な葬儀を小型化したという捉え方が適当になります。通夜や葬儀、告別式、火葬といった一連の流れは通常通り執り行われます。

 

家族葬儀とは?

家族葬儀とは、本来は家族でお通夜や葬儀を行うという意味がありますが、親戚や親族などの身内や、親しく交流のあった有人などの少人数で行うのが一般的です。
家族葬儀は、少子化や核家族化などの影響もありますが、身内や親しい人だけで葬儀を行って欲しいという考え方の人が、増加しているので、都心でも50パーセントぐらいのご家庭が希望をしています。
最近の家族葬家族葬儀を行うメリットは、20人から30人ぐらいの少人数に抑えることで、葬儀に掛かる費用を大幅に抑えられますし、精神的な負担を減らす効果があります。
現代は数多くの斎場で、家族葬儀に対応しており、費用もわかりやすく明瞭な所が多いので、幅広い年代の人が利用しています。
家族や親戚、親族などの身内で行うことで、小規模でもアットホームな雰囲気の中で、葬儀が行えるので、故人が生前から希望しているご家庭が増えています。
家族葬儀には、数多くのプランがありますし、追加料金が発生しない良心的な専門業者も増えているので、安心して依頼できます。
少人数でお通夜や告別式などの葬儀を行うことで、遺族や喪主がゆっくりと時間を掛けてお見送りができます。
信頼できる専門業者に依頼すると、24時間365日対応になっており、深夜や早朝でも自宅に来てもらえるので、希望に合った葬儀ができるように、納得が行くまで説明を受けておくようにしましょう。
家族葬儀を行うことで、故人の希望に合った葬儀をしてあげられます。
町屋 斎場 代々幡 斎場 桐ヶ谷斎場 落合斎場 臨海斎場 堀ノ内斎場

 

東京で注目されている葬儀スタイル、家族葬について

家族葬とは、遺族はもちろん、近親者を中心に親しい人のみが集まり、故人とお別れをする葬儀スタイルのことです。
90年代の後半から使われるようになり、現在では温かみのあるイメージ、やさしい響きがある、ということで選ばれることが多いスタイルだといえます。
家族葬を宗教色なしで行うスタイル、火葬のみの葬儀を想像している人もいますが、宗教の形式や形態を表すものではなく、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。ほとんどの場合、通夜式や告別式などの一連のセレモニーは通常どおり行います。身内の家族葬また、家族葬に参列してもらう人は、知り合い程度の弔問客ではないことが多いので、火葬場まで一緒に同行するケースが多いです。家族葬は少人数で行うといいますが、規模の解釈は人によって異なります。遺族のみが集まり葬儀を行う場合もありますし、家族や親戚のほかに、故人の友人や知人を加えた50名から60名前後の人が集まり、家族葬を行うという場合もあります。
東京などで選ばれることが多いスタイルの葬儀で、多くの人に参列してもらうよりも、故人との最期の時間をゆっくりと過ごしたい、という人に選ばれることが多いです。
また、家族葬では注意しなければいけないこともあります。葬儀が終わった後に訃報を知った友人や知人が、個別に自宅にお参りに訪れることも考えられるので、その対応に追われることになり、遺族の負担になってしまう場合もあるといいます。安易に家族葬、と考えずに、一般葬儀以上に事前の準備や心構えが必要になることもあります。
日華斎場 戸田斎場 谷塚斎場 斎場 東京 神式 葬儀